ダイエットヘルスコーチ ヨーコのHP

睡眠はダイエットの強い味方、痩せたい人は眠るべき(ヘルスコーチが解説)

睡眠はダイエットの強い味方、痩せたい人は眠るべき(ヘルスコーチが解説)

私が、クライアントさんから相談を受ける悩みのツートップが、ダイエット、疲労改善

その2つの観点から最重要と思われるのが
睡眠です。

食事の内容より、睡眠が大切、といってもいいくらいです。

その理由と、どうしても睡眠時間が取れないときに、

睡眠の質の上げて体の回復力をアップさせる方法をお伝えします。

ヘルスコーチが考える睡眠不足だと太る理由

睡眠不足だと太りやすくなる大きな理由のひとつが、
カフェインと砂糖の摂取量が増えること。

睡眠不足だと睡眠中の脂肪燃焼や、疲労回復、細胞修復が不十分になりますが
私はそれよりも、日中のカフェイン、砂糖の摂取が大きな太る理由だと考えています。

ダイエットのセッションでも、カフェイン、砂糖、アルコールの
三大依存フードは、摂取量を気をつけたいとクライアントさんに伝えています。

寝不足だと、体の疲れが取れません。
疲れた体で仕事をするとなると、頭を目覚めさせるためにコーヒーを飲んだり、
集中力が切れやすいのでお菓子をちょこちょこ食べたりしがちです。

コーヒーの飲み過ぎは、夜の睡眠の質を下げ
お菓子をちょこちょこ食べる習慣は太るのはもちろん、
より砂糖を欲するようになります。

そして、こういう生活を送っている人に多いのが
自分が睡眠不足だと気づいていないこと。

ここが怖いところなんです。
正直、30分〜1時間早く寝るだけで改善する不調はたくさんあり
これは痩せやすい体を作る基礎の基礎です。

痩せやすい体を作るために湯船に浸かる、ストレッチするなどいろいろありますが
そんなことはすっとばして、

まず睡眠時間を確保していただきたいです。

睡眠時間がどうしても取れない時にやりたい睡眠の質を上げる3つのコツ

世には、ショートスリーパーもいますが
私は、7時間寝ないと疲労がとれないタイプ。
適正な睡眠時間は人によって異なります。

睡眠が大切なのはわかっているけど、それができないのよ、って方もいらっしゃいますよね。
そこで、私が雑誌の編集者をしていた時代、
忙しくて睡眠時間が5時間を切る時は、必ずやっていた方法をご紹介します。

十分な睡眠時間がとれない時でも、かなり回復できます!

1)アイマスクで目元を暗くして眠る

寝室を真っ暗にして眠ると睡眠の質が上がることがいろんな研究でわかっていますが、完全に暗くするって実は難しいもの。テレビの主電源やスマホの充電のライトに脳は反応してしまいます。だから、目をカバーするアイマスクが簡単です。友人に「アイマスクして寝ると眠れすぎて怖い!」と言われるほど、ぐ〜っすり眠れます。夢とかま〜ったく見ませんから!

なので、目覚まし時計は二重にかけましょう!

私は、朝起きた時に取れているくらいのゆる〜い締め付けの少ないアイマスクをおすすめしています。
素材はやわらかコットンなど、ふわふわで心地よいものを選びましょう。

さらに、アイクリームをたっぷり塗ってからアイマスクして寝ると、
スチーム効果で有効成分の浸透力アップも狙えます!(一石二鳥)

2)眠る前にビタミンCを飲む

長い説明を極端に短くすると
「忙しい→ストレス過多→副腎が疲労→慢性疲労」となります。
睡眠中、私たちの体は細胞などを修復していますが
そのサポートをしてくれるのがビタミンC。

特に副腎はビタミンCを消費するので
寝る前にビタミンCのサプリメントを取っておくと、

翌朝スッキリ、疲労がしっかり回復された状態で起きられます!

ビタミンCはドラッグストアで売っているもので十分です。
人工甘味料や香料、色素などが使われていないものが良いです。

私のダイエットコーチングでは基本的にサプリメントはあまりおすすめしませんが、
ビタミンCだけは、費用対効果がかなり高いので、おすすめしています。

3)夕食は消化のよいものをorよく噛む

内臓に食べ物が残っていると、睡眠の質が下がります。
夕食は眠る3時間前が理想ですが、難しい場合はできるだけ夕食に消化のよいものを選びましょう。

油や塩分少なめ、腹八分を目指したいですが
よく噛むだけでも消化を助けられます!

1口30回を目標によく噛んで夕食を食べましょう。

これ以外にも睡眠の質を上げる方法はた〜くさんあります。

でも、まずは試してもらいたい、
簡単で効果が出やすいものを3つご紹介しました。

これ、本当に効きますから
だまされたとおもって1度試してみてください。

まずは、しっかり疲労を取ることができる
生活習慣をつけることが、健康的に痩せる基礎となります。

だって、寝ているだけで痩せやすくなるって
サイコーじゃないですか?

こういった簡単な方法をカスタマイズして
ダイエットサポートをしているのが、
大好きなものを食べながら痩せるプログラムです。

詳細はリンクをご覧ください。

そのほかのダイエットの記事はこちら

無理しない30代におすすめのダイエット5選~食事編~【ヘルスコーチが解説】

甘いもの食べたいと思ったら、甘いもの依存から脱出する方法5選

酒好きの私がお酒の量を減らすためにした3つのこと(ヘルスコーチが解説)

YOKO KOYAMA

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA