ゴールデンウィークに食べ過ぎた場合の対処法 消化のよいものを食べましょう

こんにちは、ヘルスコーチのヨーコです。
先日、インスタライブでゴールデンウィークに食べ過ぎた時の対処法についてお話しました。
それについて、こちらでも文章でまとめ&動画をアップしておきます。

ゴールデンウィークに食べ過ぎた場合の対処法 消化のよい蕎麦やうどんを

連日食べ過ぎた時は、食事を抜くのではなく、消化のよいものを腹八分目程度食べて、疲れた胃腸を休めましょう。がっつり肉や、脂っこい食事は避けて、さらっとしたソバとかおうどんとかいいですよね!

その理由は、私たちの体の基礎代謝にあります。
簡単にいうと、生きているだけでカロリーを消費するものですが、ざっくりお伝えすると
基礎代謝にはこの3つがあります。

1)生きてるだけで燃えるやつ 約60%
2)食べた時に燃えるやつ 約10%
3)動いた時に燃えるやつ 約30%

1のうちの50~60%が内臓で消費されるので、内臓の働きをいち早く正常化したいのです!

そんな話を、動画でもタドタドしくお話ししてますので、ご興味ある方はご覧ください。

「大好きなものを食べながら痩せる」プログラムの
50%オフのダイエットモニターが残り1枠となりました。
ご希望の方は、はやめにご連絡ください。

そのほか、ダイエットに関する記事はこちらからどうぞ!

「コロナ太り」解消のための食事習慣10選【ヘルスコーチが解説】

YOKO KOYAMA

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA