自分の心を満たす 24時間の使い方

IIN(米国代替医療協会認定ヘルスコーチ )の授業ででてきた法則のお話し。世の中には、20%と80%の法則というのがあるそう。調べてみると、パレートの法則っていう名前らしいですね。コンサルティングなどでよく用いられているよう。ビジネス書で時間術の本がけっこうでてるけど、これは初耳でした! 誰もがみんな1日24時間。魔法のように時間を増やしてくれないけど、自分の夢を叶える時間の使い方として、けっこう使えるかも。

20%と80%のパレートの法則とは。
例えば、
商品だったら。売上の80%は、商品の20%が生み出している。
所得の80%は、20%の富豪が所有している。
アリが100匹いたら、20%のアリがよく働き、80%のアリは怠けている、などなど。

経済学者のパレートという人の、上位20%の要素が、全体の80%を占めるという経験則なのだそう。

さて、これをどう生活に活用していくか。やりたいことがあるけど、生活に追われて、やりたいことができないという人は。

まず、やりたいこと(夢の実現のための勉強など)を箇条書きにする。
そして、やらなきゃいけないこと(料理、洗濯、仕事など)を箇条書きにする。

やりたいことをパレートの法則の20%の方にあてはめ、
やらなきゃいけないことを80%の方に当てはめる。

すると、「上位20%の要素が、全体の80%を占める」という法則にならい、やりたいことが叶うのだそう。

By focusing your energy on the things that yield the most results. You will begin to experience momentum toward your goals.

自分のエネルギーを結果が出るものに集中させることで、あなたはゴールに向かって加速しはじめる!

へ~~~と、妙に納得。ビジネス書なんかでは、手帳活用術とか、朝3時起きとか、いろいろあったけど、これは知らなかった! そして、”加速する”って気持ちいい言葉。

たしかに、20%でも本当にやりたいと思っていたことに集中することによって。。。

「心も満たされる → 生活のバランスが整う → シンクロニシティが増える」
ということにもつながりそう。

例えば、掃除も洗濯も、料理も結局やるんだけども、それでも夢に向かって一歩ずつ前進している感が得られるから、ストレスも減る(はず)。

1日の中で、20%と言われるとなんとなくできるような気がするしね。
1日24時間-睡眠7時間=17時間
17時間の20%で計算すると、204分。3時間24分。。。

あ、けっこう、多いなあ。
3時間24分を自分のためだけに使うって、家族いたら大変だけど、
通勤時間に勉強したり、お風呂の中でイメージトレーニングしたりしたら、いけるか!どうだ!?

Photo by Joe Hu on Unsplash

YOKO KOYAMA

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA