手荒れが気になる人へ プロが実践するおすすめハンドケア5選

ウイルス対策で何度も手を洗っていると、ガサガサに。そこで、ハンドモデルやネイルのプロがやている手を清潔に保ちながら、手荒れを防ぐハンドケア法5選をご紹介します。

私は、ダイエット雑誌の編集者として7年勤務後、現在もフリーランスとして健康、美容に関する記事をメディアで執筆しています。たくさんのパーツモデル、ネイリスト、ネイルケアサロンの経営者から取材した、プロが実践しているハンドケアについて、すぐに取り入れやすいものをセレクトしてお伝えします。

詳しい私の経歴はこちらをご覧ください。

WRITING WORK


私自身が今でも実践している、かんたんに取り入れられるハンドケアだけ厳選してお伝えします。

手荒れが気になる人へ プロが実践するおすすめハンドケア5選

内容は、手を洗った時に意識するコツ、手を洗った後にケアすること、手を洗う以外に手の皮脂をできるだけ取らない方法です。番外編では、手がきれいに見えるネイルカラーもご紹介します。

プロが実践するおすすめハンドケア1:手を洗った後は水分を拭き切る

手を洗った後は、水滴を残すことなくきっちり拭き取りましょう。皮膚に水分が残っていると、その水分が蒸発する時に皮膚の水分も奪い、乾燥します。乾燥は手荒れの元。爪の間やキワなども、渇いたタオルやペーパーで拭き取って。手からいち早く、水分を拭き取り切るのが手荒れを防ぐコツです。エアタオルや自然乾燥は、水分が蒸発すると共に手が乾燥するので手荒れの人は絶対に避けて。

プロが実践するおすすめハンドケア2:食器はできるだけお湯で洗う

手荒れの大きな原因、食器洗いはゴム手袋をすればいいのはわかっていてもめんどう。素手で洗うなら、洗剤を使わずにお湯だけで行いましょう。あるパーツモデルさんは、「ほとんどの汚れはお湯だけで落ちます」と言っていて、彼女はほぼ洗剤を使用しないそう。中華料理など油っぽいものは、シリコンのスパチュラで表面を拭えば、お湯だけでスッキリ洗えるし、水の節約にも。もし、洗剤が必要だったら「少量で短時間で終える」を心がけて。

プロが実践するおすすめハンドケア3:ハンドクリームは自宅の数カ所にバラ置き

ハンドクリームは、家の家たるところにバラ置きしましょう。ハンドクリームは、手の乾燥を感じたり、手を洗ったりした後、まめにぬるのがコツ。思った時にすぐ使いやすいように、家の数カ所に置くと塗り忘れがなくて便利です。例えば、洗面所、キッチン、PC作業の机など。1回に大量に使うより、1日のうちに何度も使う方が効果的。

ハンドクリームでおすすめは、かなり高額ですがオルラーヌのソワンドマン(7000円)がイチオシ。手を洗ってもしっとり感が続く感じはほかでは味わえません。残念ながら、現在売り切れ中なので、欲しい方はオルラーヌの公式サイトをこまめにチェックしてみてください。

プロが実践するおすすめハンドケア4:顔と同様に手にも化粧水を

顔のスキンケアと同じで、手にも化粧水(潤い)+ハンドクリーム(ふたをする)が効果的。化粧水をつけて、馴染ませた後にハンドクリームを塗りましょう。化粧水は、小さなスプレーボトルに入れて、シュシュっと手に吹きかけると簡単です。市販のスプレーボトルに小分けして入れ、ハンドクリームの隣にセットで用意しておくと、使いやすくなります。

プロが実践するおすすめハンドケア5:爪の裏側からオイルで保湿

指先の乾燥には、爪の裏側からオイルで保湿する方法がおすすめ。写真のように、爪の裏側(爪と皮膚の間)から小さい目薬ボトルに入れたネイルオイルを塗布し、指先を軽くマッサージ。すると、爪の隅々までオイルが行き渡ります(下記、写真の赤い部分参照)。そして、爪をオイルで保湿すると爪が輝き縦に光が入ります(写真の黄色い矢印参照)。この光のラインが爪に入るだけで、ネイルはもちろん手がとってもキレイに見えます。この方法だと、指先の爪側がオイルで保湿されるので、指先がベタつくことなく、すぐ次の作業に入れます。

以前、雑誌の取材で、自由ヶ丘の育爪サロン「ラメリック」のオーナーに取材させていただいてから、この方法を寝る前に行うのが日課になっています(詳しいやり方もHPに掲載されています)。これを行うと、1日中爪のキワまで潤うので、ささくれもできにくくなりますし、ネイルカラーなしでも爪がキレイに見えます。販売されているネイルオイルもおすすめです!

マカダムユイール

プロが実践するおすすめハンドケア番外編:手がきれいに見えるネイルカラー

クリアピンクのネイルカラーは、ムラになりにくく、爪の血色をよくし、ツヤを与えてくれるので素の爪をきれいにみせてくれます。おすすめは、ADDICTIONの028SS、My Darlingというカラー(写真のものです)。アディクションのネイルは、とにかく乾くのがはやい! ネイルカラーの進化に驚かされます。そして、水仕事をしていても、2週間くらいは余裕で持ちます。さらに、このような薄づきのネイルは、多少ハゲてもわかりにくいのでこまめなメンテが不要です。セルフネイルが苦手な人は、クリアのほんのり色付きが塗りやすいのでおすすめ。

↓リンクの写真は、違うカラーの写真です。

いかがでしたでしょうか? 手は、体の中でいちばん酷使されている部位。
手の皮脂を守るのはもちろん、気づいたらすぐ手を保湿できるよう環境から整えると、習慣化しやすいですよ。

<健康、ダイエット、美容に興味のある方は、こちらの記事もどうぞ!>

甘いもの食べたいと思ったら、甘いもの依存から脱出する方法5選

今日からすぐできる 免疫力を上げる3つの方法

YOKO KOYAMA

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA