初心者の私がIT賢者の友人に教わったホームページの基礎の基礎

こんにちは、ロサンゼルス在住のダイエット系編集ライター&ヘルスコーチのYOKOです。
今日は、ふと思い立って、自分のHPを作ることになった経緯と、どうしてwordpressでこのHPを作ったかまでをご紹介したいと思います。

フリーランスとして仕事をしていく上で、自分のHPを持っていることがクライアントさんとの信用につながります。
でも、何からはじめていいかわからない人もいると思うので、超初心者の私がITに詳しい友人(IT賢者)から教わって自力でHPを作るまでに至った情報をシェアします。
知識ゼロだったので、本当に助かりました〜!

まず、私が自分のHPが必要になったのは、編集ライターとしてフリーランスになったから。
2015年にアメリカ・ロサンゼルスに留学するにあたり、会社を退職(留学に至った詳しい経緯はこちらをどうそ)。この時点で自動的にフリーランスw
その後、ヘルスコーチの資格を取得したこともあり、現在こちらのHPをライター&ヘルスコーチ用に
コツコツリニューアル中です。

さて、HPを作るにあたり、超初心者だった私は、何から始めていいのか本当にわかりませんでした。
まず、悩んだのは、アメブロとかのブログじゃだめなの?
SNSじゃだめなの?ということ。だって、これらでガンガンお仕事を得ている人たちもいますから。

ではまず、こちらの図をごらんください。

○アメブロ、エキサイト、ライブドアブログといった、ブログサービスや、インスタ、FBといったSNS
例えるなら、賃貸。都心にマンションを借りるのと同じ。ライバルは多いが、その分人と繋がりやすいというメリットも。信用度は、ん〜高いとは言えない(未知数)。著作権はすべて運営会社のものになるので、いきなり相手側の意向で削除される可能性も。料金は無料。グーグル検索に弱い。

○自作HP(wixやword pressなど)
例えるなら、田舎に一軒家を建てるのと同じ。ライバルは少ないけど、自分からPRしないとサイトを誰もみてくれない。信用度は高い。著作権は自分。料金は有料。グーグル検索に強い。

私の場合は、仕事用に必要ということで、信用度が高く、検索に強い自作HPを作ることにしました。
自分で作成したプロフィールや記事は、自分が削除しない限り、web上に永遠に残ります。

では、自分でHPを作るにしても、さらにチョイスが。
無料にHPを作れるソフトは、Wixやword pressなどなどたくさんの選択肢があります。

そんななか、IT賢者におすすめされたのがワードプレスでした。
理由は、利用者が一番多く、迷ったとき検索すればネット上に必ず答えがあるから!

今、コツコツHPを修正していますが、本当にその通りで、行き詰まったら検索すれば、必ず解決策となるHOW TOが載っている記事を見つけることができます。
これは、初心者にとっては大助かり。

ちなみに、レンタルサーバーにロリポップ。アメリカのサーバーと悩みましたが値段も大差なかったので日本のものに。選んだ理由はIT賢者のおすすめだったのですが、安いのとプランがシンプルなので選びやすいです。

私のHPの目的は、自分のプロフィールを載せること。
なので、レンタルサーバーも一番安いプランで十分でした。
そして、word pressの設定方法も詳しくかいてあって、初心者には非常にありがたかったです。


なので、現状このHPをキープする上の諸経費は、毎月1000円前後。
HPは一度作ってしまえば簡単。あとは、自分でコツコツ更新していくのみです。
これを、「HPを育てる」っていうそうです。

現在、育成真っ只中。地道に続けていきます!

YOKO KOYAMA

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA