35歳からのロサンゼルス留学 私が決断に至った経緯

私が、留学のためにロサンゼルスに到着したのが今から3年前の2015年5月27日。もちろん、到着した日のことも覚えていますが、留学がらみで印象に残っているのは、その前の準備段階のこと。正直、来てしまえばあっという間で、東京で働きながら留学を決断することの方がとても大変でした。海外ライターになった経緯は海外書人クラブさんのブログでも紹介してもらいましたが、LAに来てから3周年を迎えたので(笑)、そこでは紹介されていない私の経験や当時考えて決断に至った経緯などを、記録したいと思います。「どこで誰の役に立つのか分からない」のでね(笑)。

私が、留学をイメージし始めたのは、30歳をすぎた頃からでした。たぶん、32歳くらいからかな。気づいた時には、すでにワーホリの年齢制限を超えていた状態です。私は、初海外旅行は25歳。当時、幼馴染が留学していたカリフォルニアのサンタバーバラを訪れました。それまでは、東京の生活がこんなに楽しいのに、わざわざ海外に行く意味がわからないと思っているほど、海外に興味がなかったw。その後、なんとなくタイに興味が湧いたのと、海外経験が豊富な友達ができたことに影響を受け、アジアやヨーロッパなどを旅行しました。そうこうするうちに、30歳。女性にとって大きな区切りとなる年齢ですが、特に結婚の予定もなかったので、スルッと過ぎ去りました(笑)。ただし、仕事面ではここからが勝負の年代。毎年、昇給が確実にあるのを望める年代ではなく、何かしら役職を得なければこの先、給料が上がる保証はありません。自分が作っている雑誌のことが好きだったので、この仕事を続けるにあたり、どうすべきか必然と考えるようになりました。

編集者としての将来は、大きく3つ考えられました。
1) 編集長を目指す
立派な肩書きは、いつかフリーになった時かなり使える。給料は上がるが、その分責任も増。
2) フリーランスの編集者になる
自由に働ける。仕事した分だけ給料が入る。が、サラリーマンではなくなるので保証は減。
3) ほかの編集部に移籍する
出版社によっては待遇が今よりよいかも⁉でも、雰囲気や人間関係などは働いてからじゃないとわからない。女性誌の編集部はギスギスしたところも多いので、そこは避けたい(熱望)。


私は、自分の働いている雑誌編集部が大好きだったし、ほかに作りたい雑誌もなかったので、3の選択肢はナシ。1は、編集長の大変さを傍でまじまじと見ているので「私には無理〜」と思っていました。私に編集長になれる能力があったのかはさておき、編集長という肩書きで得られるメリットと、責任感を比較した場合、私は責任感の方が大きく感じ、仕事を楽しめないのではないかと感じたのです。2も考えましたが、リーマンショックの影響もまだ残る出版業界で、フリーはリスクが大きいかな〜と。

やっぱり今の会社にいながら、スキルアップし部数増のために働きたいなと。そんなことを考えている時に訪れた台湾やタイで。書店の棚にポップティーンの現地語版が販売されていたのです。もちろん、うちの雑誌より国内の販売部数は多いし、知名度も高い雑誌ですが、私が思ったのは「なぜうちの雑誌がアジアで売れないんだ!」ということ。会社の飲み会で当時の社長にこの話をしたら、「話しが来ていないわけではないが、人手が足りない」とのことでした。この時、「私が英語を話せたら、アジアで雑誌が売れるのでは」と思ったのです。国内で部数アップは難しくても、アジア圏に視野を広げれば、まだ伸び代はあるはず、と。このことをきかっけに、「英語が必要→海外留学」ということが頭に浮かんできました。ほかにも、小さなきかっけがあり、「留学してみたいな〜」という気持ちがでてきます。

英語だけなら日本でも勉強できます。では、「どうして、留学したかったのか」というと、答えはたくさん。たくさんの小さなことが重なり100%を超え「留学したい」となりました。
・一回、海外に住んでみたかった
海外旅行を重ねるうちに、旅行ではなく「海外に住んでみたい」と思うように。
・仕事に活かせる
アジアで雑誌を販売するほかに、最新ダイエットやアンチエイジング情報はアメリカで生まれ日本で流行することも多い。その情報をより早くキャッチできるようになりたい。
・生活に刺激が欲しかった
仕事をして、友達と飲みに行く安定した毎日。まわりが結婚していくなか、「最近どう?」と友達から最近のデート事情などを聞かれるというサイクル。すごい楽しかったけど、このままのルーティーンでいると、生活レベルが変わらないまま、40歳を迎えることになりそうという危機感もありました。

そこから、漠然と海外留学のことを調べるように。たかが、数年前ですが、今でもインターネットで「35歳 留学」と検索しても、あまり私が求めているような情報はありませんでした。「35すぎて留学するヤツおわってる」とか、「30代で留学後の転落人生」とか(笑)、ネガテイブなものも多かった。ほかにも情報はあれど、基本的には学校の情報とか、留学してMBAを取得とか。その悶々とした状況が動いたのが、友人のひと言がきかっけでした。

「無料の留学相談に行ってみれば」

まだ、心が決まりきっていない状態でも、1回行ってみるとわかりやすいとのことでした。その後、無料の相談に4〜5回行きましたが、留学の種類や値段などが具体的にわかってよかったです。ここからのお話しは、長くなるのでまた次回に。

「35歳からの留学」というと、昔から留学したかったとか、ロサンゼルスが大好きで、といった人が多いかもしれませんが、私みたいな考え方で留学した人もいるんだよということを記録しておきたかったのです。

YOKO KOYAMA

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA