午後まで空腹が抑えられる!? 朝食アーモンドバター

体が一番栄養を吸収しやすいのが朝。だから、朝一番に何を食べるかは、
その日のパフォーマンスを左右するとても重要な選択です。
スリムな体をキープしながら、パワフルに1日動き回りたいという人は
朝食にアーモンドバターを取り入れてみては?
ヘルシーレシピブックも人気の女優グヴィネス・パルトロウや、
産後に19kgダイエットしたキム・カーダシアンなども夢中です!

British Journal of Nutritionで発表された実験では、朝食にピーナッツバターを摂ると血糖値が上がりにくく、その後の昼食を摂っても、通常よりよい状態の血糖値を維持できたそう。また、最大で12時間も空腹を感じにくくなったという報告まで。

重要なのは砂糖不使用のアーモンドバターを選ぶこと
(個人的には、アーモンドのつぶつぶが入ったクランチーが好き!)
さらに、アーモンドバター自体はカロリーが高いので、パンに塗ったり、
スムージーやヨーグロトに小さじ1杯くらいを目安にするのがベター。

ちなみに、アメリカでは朝食にアーモンドバターが定着。
先日、訪れたカフェでは、アサイーボウルのトッピングに
アーモンドバターかプロテインパウダーのどちらかを選ぶことができました。

”朝食を食べる派”の人は、取り入れてみてはいかがでしょうか。

YOKO KOYAMA

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です